入り口:

ラダ・クリシュナ Radhavallabh テンプル Vrindavan は Facebook でいる

我々の精神的に傾いている
ブログに入りなさい !! 論文に関するコメントとポストの意見。

会報定期購読契約マネージメント
このページを定期受信するか、あ
るいは利用可能なニュースレター
あるいはニュースレターにもしを受
信者リストから外すために使いなさい
古くなった 13yrs 、あるいは上に。


このページに関する内容がアドービフラッシュ・プレヤーのもっと新しいバージョンを必要とする。
http://get.adobe.com/flashplayer/otherversions/

我々のゲスト本に署名しなさい!!

予約購読しなさい 我々の飼料に

予約購読しなさい 我々のブログ送信に

我々のモービルサイトを訪問しなさい (移動電話のために)

サーチラダ・クリシュナ入り口:















荷積み。..

我々について

伝統と王室:
伝統と遺産が Radhavallabh 寺院を vrindavan の最も最も古い遺産にする。創設者シュリ Harivansh Mahaprabhu は Radhavallabh 卿の使者であると信じられる。 彼は一般人に献身の意味を説き聞かせて、そしてどのように(彼・それ
)らを導いた人である、人はシュリ Radhavallabh の祝福を達成することができる。 シュリ Harivansh の家族はシュリ Radhavallabh に敬意を表して(彼・それ)らの関税を支払うために(今まで)有能であった。 今世代の後にメンバーは人前で(彼・それ)ら自身を Goswamis であるとして描く。 「Adhikari」とこの称号がによって所有されるであろうように、家族の一番上の男性は名誉を与えられる

あなたの  

毎日のスケジュール:
すべての司祭あるいは goswami が(彼・それ)らの慣例に従う。 毎朝(彼・それ)らは貴族を目覚めさせて、 bhog を提供して、 Abhisheka 、 Aartis を実行して、そして「Ashtyam Sewa」の規則に従う。 すべての労働者が(彼・それ)らの指示の下で働く(とき・から・につれて・ように)、(彼・それ)ら
は寺院の清潔さ、貴族と parsadam の分配の快適さ、の記述を守る。 (彼・それ)らの仕事を完了した後で、(彼・それ)らは人々を説き聞かせて、そして物語にシュリ Radhavallabhji の偉大さを説明するように言う。

Radhavallabh カルトのメンバーシップ:
∥日∥我々∥我々∥生まれた、神∥彼の愛ですべての子供を祝福する∥. 同様に我々が Radhavallabh 寺院のドアステップを上げる日、今日神が我々に彼の愛(我々の出生が価値がある)を浴びせた
ことは表示である。 公式に司祭は愛好者をこのカルトのメンバーにする権限を持っている。 司祭は今あなたの「グル」(教師)と我々「Shishya」の(学生)である。寺院の主な標準は絶食して、
そして自分自身棄権するよりむしろ bhakti を通して Radhavallabh 卿の祝福を達成することである。神に対しての強い信念で、グルが真実の道に彼の子供たちを
案内するために常にそこにいる(とき・から・につれて・ように)、人は困難な時期に対しての確信
を失うべきではない。

自分の役割:
人は、人々が;花冠を作って、野菜などを切るように、 sewas をするという状態で、参加することによって、献身を申し出ることができる。 若干名がそれで、 bhog のために(彼・それ)らが買うことができる慈善に野菜、果物、シリアルあるいはどんな原材料
でも好きである。 人は布を買って、そして神によって身につけられたドレスのためにそれを申し出ることができる。 時々我々の願望が達成される我々の人生、1(人・つ)の中の重要性がオプションを持って
いる捜索隊が Radhavallabh 卿に敬意を表して「Manoratha」の祝祭を組織化するという我々の願望。 それでこのマジックは決して終わらない、そして言葉がすべての中心が神を提供することを望
む任務の美しさを記述するためにほとんどに思われない;楽しむべき唯一の方法は来て、そ
して地球のこの奇跡を訪れることである。

さらに多くでインフォメーションと問合せが我々と接触する、なぜならあなたのフィ
ードバックは正当に評価されるであろうから。

Tikayat Adhikari シュリ Hith RadheshLalji Goswamiji の祝福によって作られたウェブサイト。
 通り過ぎて作られて、そして管理されたウェブサイト:-


 Kaveta Vision  
我々を郵送しなさい


 


 

上の▲