寺院:

ラダ・クリシュナ Radhavallabh テンプル Vrindavan は顔の本の上にいる

我々の精神的に傾いている
ブログに入りなさい !! 論文に関するコメントとポストの意見。

会報定期購読契約マネージメント
このページを定期受信するか、
あるいは利用可能なニュースレタ
ーあるいはニュースレターにもし
を受信者リストから外すために使
いなさい
古くなった 13yrs 、あるいは上に。


このページに関する内容がアドービフラッシュ・プレヤーのもっと新しいバージョンを必要とする。
http://get.adobe.com/flashplayer/otherversions/

我々のゲスト本に署名しなさい!!

予約購読しなさい 我々の飼料に

予約購読しなさい 我々のブログ送信に

我々のモービルサイトを訪問しなさい (移動電話のために)

サーチラダ・クリシュナ入り口:















荷積み。..

女神 Kamdhenu と Sri クリシュナ

kamdhenu は誰であるか?

Kamdhenu は3億3000万種類の神々が滞在する雌牛女神である。 彼女は Samudra Manthan の間に発表された9つの神の祝福の1人であって、そして Rishi Vashisht に贈られた。 Vishwamitra 国王の統治の間に土地全体が干ばつでのろわれていたと信じられる。 彼は解決のために Rishi Vashisht Ashram のところに行った。 神聖な場所に到着するや否や Vishvamitra 国王は、国王に同行したすべての人々のために食物をアレンジすることに対して、 Rishi Vashisht が(すでに) Kamdhenu Goddess に祈っていたと述べた。

順番に驚いたことに彼は女神 Kamdhenu が(すでに)食物と飲み物のおいしいバラエティーで(彼・それ)らのすべてを祝福していたのを見た。
貪欲が国王の心で生じた、そして彼は無理矢理に女神、 Kamdhenu 、を彼の宮殿に連れて行こうとした。 どの Rishi かにもし彼が本当に彼自身のために女神 Kamdhenu を持つことを望んだなら、彼が身も心も聖人にならなければならないであろう Vashisht が抵抗を示して、そして彼を主張した。

Kamdhenu Goddess は「Nandni」として知られている2人の娘と「パティ」を持っている。 両方ともはシヴァ卿の偉大な礼拝者であった。 「パティ」がシヴァ卿を崇拝して、そして救済を達成した所は南インドで「Pattishwar」として知られている。 流れがこれからは水に変わった Kalyuga の時代の前にミルクで流れ出るための使用に「Nandni」の名にちなんで名を付けたと言われる。

Kamdhenu Godess

より広いビューのためにクリックしなさい

Kamdhenu とクリシュナ - 「Govinda」:

彼の幼年時代からの Sri クリシュナは常に雌牛によって大切にされた。 「Goverdhan Dharan」のエピソードの後にインドラ卿は彼の間違った行為のために慈悲のために Sri クリシュナのところに来た。
あなたはすべての生きものの三つ組と救済者の主である、今日、あなたを私の保護者と救
済者として持つことにおいて、私は非常に名誉に思う。 インドラ卿はただ彼の王国の長に過ぎない、私はあなたが我々のドメインのインドラであると信じる。 それ故、どうか雌牛、賢人、チーフ神々とセインツの主と救済者になってください。
それで我々ブラフマーに盲目的に心酔しているすべての雌牛は我々のインドラの王位によっ
てあなたに栄誉を与えるためにあなたの Abhisheka 儀式を行なうであろう。∥「∥

Kamdhenu 女神と彼の象 Aeravat と一緒のインドラ卿が Abhisheka を行なったのはその時である。
(彼・それ)らは「Govinda」の名前によって Sri クリシュナに栄誉を与えた。 すべての魂が喜びと踊った、土地全体は動植物の花で満たされていた。

あなたの

上の▲